2020-06

立ち向かうサービス・企業 

サンマモルワイナリー | 乳酸菌商品

ワインを製造・販売する、有限会社サンマモルワイナリー(本社:青森県むつ市、代表者:北村 良久)は、コロナ禍で飲食店におけるワイン需要が低迷する中、健康事業に本格参入し、乳酸菌サプリメントや乳酸菌配合スキンケア化粧品をインターネット販売する「乳酸菌コスメ&サプリショップ」を2020年6月1日に本格オープンしたとのことです。
立ち向かうサービス・企業 

ワットホテル | WAT RESORT PRIVATE VILLA

のんびり贅沢な気分を満たしてくれる場所を発見! 岐阜県飛騨高山市でラグジュアリービジネスホテルを運営するワットホテルが1棟貸切別荘事業「WAT RESORT PRIVATE VILLA」のサービスを開始するようです。飛騨高山の絶景と歴史的な街並み味わいつくしたいですね。
立ち向かうサービス・企業 

ビアフェス | 十番のおばちゃんからハシゴ酒

待ってましたと言いたくなるフェスを発見! 十番のおばちゃんからハシゴ酒実行委員会(所在:東京都港区、実行委員長:エクトル・ペレス)は、2020年8月1日~10日までの期間限定で、お得にハシゴ酒と、十番グルメを堪能できるイベント、『十番のおばちゃんからハシゴ酒』の第4弾を、東京・麻布十番にて開催してくれるようです!
立ち向かうサービス・企業 

和酒フェス | 厳選38蔵150種類以上の和酒

待ちに待ったお酒のイベントを発見! 和酒フェス実行委員会は、『第15&16回 和酒フェス @ 東京都庁前』を東京都庁の目の前にある新宿NSビル・オープンプラザ(正面広場、東京都新宿区)で、東京オリンピック2020開会予定日だった7月24日(金)と25日(土)に開催するようです。
立ち向かうサービス・企業 

レ・コネクション | 京町家バケーションレンタル

不動産売買や宿泊施設の管理運営を行う株式会社レ・コネクション(京都市下京区、代表取締役 奥田久雄)は、京都市内において運営する一棟貸しの宿(全52棟)に自社運営レストラン「紡 Dining」でのディナーが付いた宿泊プランの販売を6月20日(土)より開始してくれたようです。
応援しているサービス・企業

MOJICON | コンビニ感覚で文字起こし

コンビニ感覚で圧倒的なスピード・簡単・格安に動画・音声データを最新のAIを駆使して文字起こしできるオンラインサービスがMOJICON(モジコン)を提供開始
立ち向かうサービス・企業 

IDOG & ICAT | 抗菌・抗ウィルスドッグウェア

素敵なグッズを発見!犬の服・猫の首輪を中心にペット用品を販売する株式会社ゼフィール(富山県小矢部市)は、抗菌・抗ウィルス・防臭機能加工を施したmedi+シリーズのドッグウェア2点を当社運営のインターネットショッピングサイトや、小売向けの卸売サイトにて販売するようです。
応援しているサービス・企業

サンコンプロジェクト | マスク収納ケース

クロスボーダー人財育成と事業開発を行う株式会社スペース(東京都渋谷区、代表取締役社長 春山祥一)は、同社取締役であるオスマン・サンコン (Ousmane Sankhon 駐日ギニア共和国大使館顧問 ギニア共和国元大使・タレント)監修による、日本の斬新なアイデア商品を紹介することでアフリカを支援する「サンコンプロジェクト」の第一弾として、6月18日(木)から21日(日)、同月26日(金)から28日(日)の計7日間、渋谷区広尾商店街にポップアップストアを出店し、学校や塾での子どもの感染予防のために京都の縫製工房が開発した、「飛沫感染プロテクター」と色鮮やかな「マスク収納ケース」(全20色)を販売するようです。
立ち向かうサービス・企業 

若松屋 | 未来の花火大会応援企画

花火を購入することで、シークレット花火や来年の花火大会への協賛金になるらしい! 玩具花火、煙火、玩具、雑貨、菓子の企画・製造・販売する株式会社若松屋(本社:愛知県西尾市、代表取締役:佐野泰隆)が、2020年6月9日からスタートした『花火のチカラ プロジェクト』の第2弾として「未来の花火大会応援企画」を2020年6月23日(火)から開始するようです。
応援しているサービス・企業

DEEPS AI Inspector | 高精度の品質検査AI

株式会社テクムズ(本社:名古屋市中村区、代表取締役:鈴木孝昌、以下 テクムズ)は、黒色ゴムでの厳しい品質検査の経験を活かして、樹脂・プラスチック、金属、食品などあらゆる不良を見つける汎用的なAIを実現しました。これにより2020年6月15日、テクムズの品質検査AI「DEEPS AI Inspector」は、ゴム業界だけでなく、広く工場で生産されているあらゆる製品の不良検知に活用できることとなりました。これまで検知が難しいと言われ、諦めていた農作物・食品の傷や不良の検知にAIを活用して、検査の自動化が実現できます。
タイトルとURLをコピーしました