自由が丘の飲食店にエールを

自由が丘の飲食店にエールを 立ち向かうサービス・企業 

自由が丘という街を支えるために

お酒好きにとって一度ははしご酒をしたくなる魅力的な街のひとつが自由が丘ではないでしょうか。沿線の武蔵小杉が高級住宅街として再開発されてからは、またその色合いも変わったようですが、コンパクトな街並みの中で、個性ある店舗が賑わいと彩を加え、依然として魅力を増しています。

私も昔は、比較的近隣で働き移住していたこともあり、よく飲みに行っていたことを思い出します。とはいうものの、引っ越しと共に、いかんせん足が遠のいてしまってたのでした。
一度足が遠のいてしまうとなかなかの気恥ずかしさから行く機会がなかったわけですが、数年前に意を決して、当時よく通っていたお店のオーナーの新しい店舗( 縁 LAVIDA  / FINCA de LAVIDA )に訪れてみたところ、ものすごく温かく迎えてくれて、心から楽しかったことを思い出します。

そんな昔を懐かしみ久々に自由が丘に行きたいなぁと思っていた矢先、この新型コロナウイルスショック。自由が丘の飲食業も例にもれず、きっと大きな打撃を受けいます。
それでも、その逆境に立ち向かい前向きな取り組みとして「自由が丘の飲食店にエールを 「#エール券」プロジェクト」というものを開始したと教えてもらいました。
こうした街全体で頑張る自由が丘が、そのアットホームな雰囲気を作り出しているんだと思う。
私も早速支援と言いながら、また、久々に足を運ぶことになる口実としてエール券を購入したのでした。

自由が丘の飲食店にエールを 「#エール券」プロジェクトはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました