カレッジフラコンペティション2020

フラダンス 立ち向かうサービス・企業 

学生の熱い思いとフラダンスでハワイを体感

新型コロナウイルスを懸念して、今年の夏は海外旅行を控えた方が多かったのではないでしょうか。日本人が大好きで季節を問わず観光客が溢れるハワイは封鎖の影響もあって、想像できないほどの人通りの少なさを目の当たりにしています。
旅行・観光は経済の大切な基盤産業でもあるので今後は徐々に回復傾向はありますが、まだ、少し様子を見ながらの行動が求められそうですね。
あのハワイを味わうのも少し先延ばしかも。

という、ちょっと気がふさいでしまいそうだったところですが、ハワイを実感できるイベントを発見!
カレッジフラコンペティション実行委員会は、本来8月開催の予定であった「第9回カレッジフラコンペティション2020」を、2020年12月5日(土)に延期し、横浜関内ホールにて開催するようです。

昨年のカレッジフラダンス

今年で9回目となる本イベントは学生フラの最高峰コンペティションです。本来はハワイからクムフラというハワイでも特別な存在であるフラマスター4名を審査員として招聘しますが、本年はハワイからのリモート審査となります。

今年は新型コロナウイルスの影響により夏の甲子園も中止になるなど、学生にとって大切なイベントの多くが中止を余儀なくされています。ハッシュタグ「#大学生の日常も大事だ」が大きな話題となったように、部/サークルが通常通りの活動ができない中、当実行委員会へ「なんとか踊る機会を」という希望も多く寄せられ、大学生の日常を大切にし「踊りたい」という一つの希望の形をコンペティションの延期開催という形をもってご提案/提供いたします。

大学生同様、高校生の日常も貴重な時間ですが、今年は多くの機会を奪われました。高校生の日常も応援するため、新たに「高校生ソロ部門」を設け、高校生にも踊る機会を提供します。絵師に「#大学生の日常も大事だ」のmakiさんにも協力いただき、横浜市のイベント開催ガイドラインを尊守し開催します。

学生のこうした新型コロナウイルス対策へのポジティブな取り組みは心から応援したくなるものです。
それも真冬の寒さにを吹き飛ばしてくれそうですね。

第9回カレッジフラコンペティション2020の開催概要

日時
2020年12月5日(土)

会場
横浜関内ホール 大ホール

時間
10:00~高校生ソロ部門・大学生ソロ部門
14:00~大学生団体部門(入れ替え制)

チケット代金
1階席4,000円
2階席3,000円
※事前申し込みに限り、大学生以下500円引き

主催
カレッジフラコンペティション実行委員会

共催
横浜アーツフェスティバル実行委員会

後援
外務省、アメリカ大使館、横浜市文化観光局、ハワイ州観光局

第9回カレッジフラコンペティション2020はこちらから
※表記内容は変更になる場合もございます。

運営会社概要

会社名:株式会社アロハ・ラボラトリー

世界中で周知されているハワイのコンセプトは「アロハ」です。アロハには挨拶の意味もありますが、あらゆる愛の意味が入っており、愛の広義語であるという、素敵な言葉です。「アロハ」をコンセプトとして意識しながら知的好奇心を満足させ、知的営みを成立させ、永続的に持続させ、それを企画として形にすることが我々の仕事です。

イベント名:第9回カレッジフラコンペティション2020

コメント

タイトルとURLをコピーしました