大同門 | なにわ黒牛

焼肉 立ち向かうサービス・企業 

自宅で思いっきり肉を喰らう

8月ももうすぐ終わり9月になると、おそらくこのうだるような暑さも徐々におさまり、少し寂しさを感じる秋が訪れますね。秋となると読書の秋、スポーツの秋とは言いますが、やっぱり何より食欲の秋と言いたいところです。
ただ、今年の秋も、あまり色々なところに駆り出して、食を楽しむという訳にもいかない気がしますね。

そんな中、自宅で思いっきり肉を楽しめそうな商品を発見!
大同門株式会社(本社:大阪府吹田市/代表取締役社長:フォーリー淳子)は、2020年8月28日より、おおさかもんブランドの「なにわ黒牛」の販売を、大同門のオンラインショップで開始するようです。

コロナ禍下で生き延びるために戦っているお店や生産者と手を携えてコロナを乗り切りたいという想いから、大同門では今後、他の関西のブランドと積極的にコラボしていきたいと考えています。その第一弾として、大阪産純粋黒毛和牛で、2019年のG20大阪サミットの晩餐会にも採用された大阪産(おおさかもん)のなにわ黒牛の切り落としを大同門の伝統のタレとセットにしてオンラインショップにて販売することになりました。

なにわ黒牛商品概要

商品名
なにわ黒牛・切り落とし300g+大同門焼肉のタレ1本(4980円(税込み・送料無料)

購入はこちらから

大同門では、今後とも最高品質の大阪焼肉を日本全国のご家庭にお届け、食卓で楽しい時間と笑顔をお届けできるように、これからも努力してまいります。

なにわ黒牛
なにわ黒牛とは、大阪府阪南市で飼育されている大阪産純粋黒毛和牛です。100%雌牛のなにわ黒牛は、、一般的な去勢牛より融点が1.9度低く、あっさりとした口溶けが自慢で「大阪産品(おおさかもん)」として認定されており、ブランド牛が数多く存在する関西で熱い注目を集めています。2019年のG20大阪サミットの晩餐会にも採用されました。

会社概要

会社名:大同門株式会社

『食を通して、よろこびと笑顔の時間を提供する』
1968年4月、大阪の梅田新道に焼肉レストラン1号店をオープンして以来、焼肉一筋半世紀。タレで味付けされたお肉を目の前で焼いて食べるという「焼肉」というスタイルを日本人の外食ライフに定着させました。焼肉店では初のTVコマーシャルを放映するなど、焼肉ファン層を拡大することにも貢献。また、焼かない焼肉の元祖である「焼肉定食」の産みの親でもあります。直営・FC店舗およびウェブショップの運営。

商品名:なにわ黒牛・切り落とし300g+大同門焼肉のタレ1本

コメント

タイトルとURLをコピーしました