Emposy | コロナ対策ステッカー

コロナ対策 応援しているサービス・企業

まずは身近な飲食店から行ってみよう

Go To トラベルキャンペーンが7月22日から開始される一方で、東京外しや若者、高齢者、大人数での旅行を除外するなど何とも先行きが見えない状況。これに伴いGo To イートキャンペーンも大きく影響をうけそうです。観光業のみならず飲食業も不安が募るばかりです。
観光も、感染者数が少ない近隣から行うべきという話もあるように、飲食もまずは身近なお店に行くというのはいいかもしれませんね。

そんな中で、お店の安心が見える化する仕組みを発見!
「これ以上クラスターを発生させるものか!」という思いで、株式会社Emposy(学生一同)は飲食店での感染を防止するサービスを6月末(オンラインマップの検索機能を追加)に正式スタートしたようです。

このサービスは一定基準のコロナ対策をしている店舗にステッカーを貼ってもらうもの。
お客様側のメリットと飲食店側のメリットは…

【お客様側のメリット】
・一眼でコロナ対策してることがわかる。(店舗でも地図上でも可)
・安心して外食できるようになる。
【飲食店側のメリット】
・お客様の来店が増える→売り上げの向上
・クラスターを防止できる

私たちにも何か役に立てることがないかと考えるきっかけになったのは、知り合いに飲食店を経営されている方がいるのですが、コロナウイルスが流行ってからというものお客様の来店が大幅に減り店を閉めざるをえないという話を聞いたのがきっかけでした。この話を聞いたときに過去の思い出が蘇ってきました。私の父は10年前に料理人として自分のお店を出していたのですが、なかなかうまくいかず失敗してしまい多額の借金を抱えることになってしまいました。なので店を閉めなければならないというのは明日からの収入がなくなる、つまり生きる道が立たれると言っても過言ではないのです。店閉めをせざるをえないという店は絶対に出したくない。

そこで街の人たち何人かに「コロナが流行ってから外食するきっかけは減ったか?減ったのはコロナ感染を恐れてか?」という内容の質問をしてみたところ、8割の方が感染を恐れて外食しなくなったと答えてくれました。
どうすれば外食してもらえるのかを考えたときに、コロナ対策をしっかりしているという安心感を与えるといいのではないかと思いました。実際に店舗でアルコール除菌の設置などしてるところはたくさんありますが、それはお客様が来店しないいとわからないことです。お客様に安心感を与えるには来店前にコロナ対策していることを知ってもらう必要があります。そしてこれらを解決するにはオンラインやオフライン上でもコロナ対策をしていることが確認できるこのコロナ対策ステッカーです。

そしてある一定の基準とは
(1)店の前にアルコール除菌スプレーを設置すること。
(2)店内にセパレートを設けること。
(3)定期的に机を除菌すること。
(4)もっともお客さんと関わる人はマスクを着用すること。

私たちはIT制作をすることには長けていますが、その他の分野でもっとご協力してくださる方々のお力が必要です。
例えば、飲食店向けにサービス展開している企業様、これを使ってくださる飲食店様、日本を救いたい企業様、全世界の企業様にお力を貸して頂ければこの現状を打破できます!

企画会社

会社名:株式会社Emposy
サービス名:コロナ対策ステッカー

コメント

タイトルとURLをコピーしました