ゴーウェル株式会社 | GOWELL TOWN

GOWELL TOWN 立ち向かうサービス・企業 

外国人と企業のコラボができる環境

少し前に報道されましたが、JNTOの推計によると、2020年3月の訪日外客数が、前年同月の276万人を約257万人下回るなんと19万4千人となって、6か月連続で前年同月を下回ったとのことでした。日本で新型コロナウイルスが大きく騒がれだしたのが1月下旬からでしたが、すぐには渡航禁止にはならなかった2月を比較して、約260万人から約108万人へと約4割に減少していました。また、海外から仕事などの関係で居住していた方も渡日していることを考えると、それまでのグローバル化というものとは全く逆の状況になっているといえますね。

アフターコロナの世界ではこれまで全く同じ状況にすぐに戻れるとは言えませんが、日本の魅力を感じてまた海外から人が訪れてくれることもインバウンドで経済活動を再刺激するという意味合いでは期待される点もあると思います。

そんな中で、アジア語圏に特化した外国人人材紹介事業、通訳翻訳事業、スクール事業等を手掛けるゴーウェル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松田 秀和)は、2020年6月6日、銀座6丁目並木通りに、外国人向け無料カフェ「GOWELL TOWN」銀座本店をグランドオープンしました。
GOWELLTOWNロゴ

同カフェでは同社とアフターコロナの事業継続・拡大を狙ったスポンサー企業により運営され、外国人は無料でカフェを利用することが可能。一方、スポンサー企業は、来店する国内在住外国人の採用や、自社商品やサービスのPR、商品開発や海外販路拡大に向けた各種調査の場として、同カフェを活用することができます。

非常にチャレンジングな取組ではありますが、こうした将来を見据えた活動が必ず身を結び、新しいビジネスがうまれるようになることを期待しています。

■スポンサー企業へのサービス提供例
〇来店者への企業説明会及び個別懇親会等による採用支援
〇店内設置サイネージ広告やパンフレットによる自社のブランディング
〇自社商品やサービスのPRイベントの実施、販売促進
〇来店者の母国や海外現地に向けた情報発信、インフルエンサーの活用
〇商品開発、海外販路開拓のための商品サンプリング、アンケート調査
〇自治体による視察、各種調査
■GOWELL TOWN(ゴーウェルタウン)とは
スポンサー運営の外国人向け無料カフェ「GOWELL TOWN」はアジア語通訳翻訳会社ゴーウェルが提供するカフェです。来店する外国人は、誰でも店内のWi-Fi・電源利用および1ドリンクが無料。母国語での情報収集や悩み相談ができるだけでなく、母国出身者との交流会やサークル活動など店内を自由に利用することが可能です。また外国人を採用したい企業や、外国人をターゲットとしたサービスを展開する企業など、日本で暮らす外国人と日本人の新たな出会いの場を創出していきます。
【店舗概要】
▽商号: GOWELLTOWN 銀座本店
▽所在地: 東京都中央区銀座6-7-18 デイム銀座2F
▽アクセス: 銀座駅B5出口徒歩3分
▽TEL: 03-5962-8057
▽営業時間: 11:30~19:00
▽定休日:水曜日
▽公式WEBサイト: https://gowell-town.com/

運営会社

店舗名:GOWELL TOWN

コメント

タイトルとURLをコピーしました