Jogtube | ランナー向けマスク

ランナーマスク 立ち向かうサービス・企業 

ランナーもランニングエチケットを!

新型コロナウイルスの影響で、2020年の東京マラソンは延期となりました。他にも同時期以降に開催されるマラソン大会も延期となりました。ランニングを愛する人たちとしては、残念なシーズンとなりました。私個人としても、2年ぶり3回目となる東京マラソンが当選していただけに、開催可否が決まるまではマスクをつけながらもトレーニングを続けていたのですが、本当にがっかりしたことを思い出します。参加当選者の中には、当時は「何で延期するの?開催できるでしょう」という声もチラホラ聞こえましたが、今思い返すと確かに最善の決断であったと思いますね。

気を取り直して、来年以降での再参加に向けて、ジョギングを再開しようと思ったところでしたが、外出自粛要請もあり、多くのランナーの方がいつもよりは控えたジョギングになったのではないでしょうか。終息傾向が見え、外出自粛要請が解除され、ランナーのかたは走れずウズウズしていた気持ちを開放して、早速ジョギングしている人たちの姿も徐々に目にするようになりました。

ただ、マスク着用が公然の義務となった現代において、それはランナーも例外ではありません。ランニングエチケットという言葉も出てきたように、走っている瞬間にも飛沫を飛ばしている可能性があるということを考慮するとマスク着用は必須ですね。ただ、普通の不織布や布のマスクをして走るとなると、汗が付着することもあり、とにかく呼吸が苦しくて大変。走っていても快適かつ衛生的なマスクが求められるわけです。

そんな中、アパレル全般へのプリントを行う株式会社エー・ディー・ピー(本社:東京都墨田区 代表取締役:三ッ井清明)は、ランナー向けに通気性に優れ、ずり落ちないストッパー機構を備えたマスク、Jogtube(ジョグチューブ)200デザインを2020年6月15日(月)に発売するようです。
※販売は自社通販サイトのみ、オリジナルプリントにも5本から対応します。
(現在は60デザインを先行販売中)

ランナー用ネックゲイター
これまでは防寒目的でネックウォーマーとも呼ばれる厚手の物が一般的でした。UV対策用品として夏でも使用できる商品が既存品として販売されていますが、ランニング用に開発されたものは市場にありません。そこでエー・ディー・ピーは「ランナー」に対象を絞ったネックゲイターの開発に着手。生地や形状を変え数十種類の試作品を作成、試走と修正を一か月間繰り返しました。ランナーでもある社長自らがトータル300キロの試走を敢行。その中で浮かび上がった課題「呼吸のしずらさ=ムレ」と「徐々にずり落ちてくる=ズレ」に対し、呼吸の妨げになりにくい生地の選定、ずり落ち防止のストレッチコードやストッパー機構を設けるなど従来にはない視点で開発しました。
ランニングエチケット
900万人を超えるともいわれる国内ランニング人口。緊急事態宣言下もウォーキング・ランニングは制限されることはありませんでした。ステイホームが提唱される中、運動不足、ストレス解消を目的としたランナーは急増。都市部においては屋外でも密な状況が生まれ、呼気による飛沫感染への懸念からマスクの着用が周囲へのエチケットとされるようになりました。今、新たなエチケットが求められています。
これからのプリント工場
エー・ディー・ピーはTシャツやトートバッグなど布製品へのプリント専門とするプリント工場です。近年、プリント前後の工程充実を目指しプリント工場としては珍しい縫製部門を配備。企画、デザイン、プリント、裁断、縫製まで全工程一気通貫で請け負い、ワンストップサービスの工場として受注拡大を図ります。

確かに、こういったネックゲイターはランナーとしては装着しやすいし、呼吸もしやすいので重宝するんですよね。そして何より、オリジナルプリントにも対応してくれる!値段もお手ごろだし、早速自分専用のマスク作ろうかな。

製造元/商品概要

会社名:株式会社エー・ディー・ピー
商品名:Jogtube (ジョグチューブ)
価格 : 2,090円(税込・送料別)
素材:ポリエステル100%
色・柄:オリジナルデザイン200種類以上
製造元 : 株式会社エー・ディー・ピー
ショップ:https://shopadp.com/shopbrand/shouhin/

コメント

タイトルとURLをコピーしました