ワンズネットワーク | MobiHo

キャンピングカー 立ち向かうサービス・企業 

キャンピングカーの有効活用

Go To トラベルキャンペーンに続いて実行されて、一番最初に探したのがキャンプはどうしたら対象になるのか?キャンプなら外だしあまり密になりづらいので良いかなと思い調べていましたが、なかなかキャンプとなると一大決心が必要なもの。
キャンピングカーなら良いかもと持っていたのですが、いきなりキャンピングカーを使用するとしても使い心地なども気になりますよね。

そんな中、キャンピングカーをちょっと違った目的でお試しできそうなプランを発見!
株式会社ワンズネットワーク(千葉県習志野市)は、「できるだけ多くのお客様に安心と満足と感動を提供する」ことを経営理念の一つに掲げ、レンタカー事業を主軸としながら、地域の新しい魅力発信が可能となるキャンピングトレーラー「MobiHo」( https://mobiho.jp/ )を活用した事業を展開しています。

今回、ウィズコロナの時代に日常的に必要とされる新たな用途として、キャンプ場→商業施設へと需要創出を図り、テレワークやweb会議、少人数での食事会など、時間貸しに特化した商品『MobiRoom』をリリースします。

イオン幕張にMobiRoomはあります

MobiRoomはこちら

第一弾として、イオン幕張店内1階にあるオークニ商事株式会社(東京都荒川区西日暮里5丁目34-2)が運営するイタリアンレストラン「PECORINO(ペコリーノ)」(千葉県千葉市美浜区ひび野1-3)店舗前にて2台の『MobiRoom』を2020年10月16日より3ヶ月間、試験的に運用開始します。

オープン時提供価格として『MobiRoom』使用料は1台1時間550円。利用時間は11:00-21:00で、既存の「MobiHo」予約システムから予約と事前決済が可能。「PECORINO」側のメリットして、平日のビジネス利用の強化と、キャンピングトレーラーの中で食事ができるという、街の中でもファミリーでアウトドア感覚で食事が楽しめるサービスで他店との差別化を図ります。今後、『MobiRoom』利用者のみが注文できる「PECORINO」が手がけるオリジナルアウトドア料理のコースや特別ランチセットなども展開予定です。

『MobiRoom』は大人が立ち上がって歩ける充分な高さと、エアコン、セミダブルベッドにもなるソファ、テーブル、二段ベッド、冷蔵庫、コンセントが備え付けられており、大人3名子供1名、もしくは大人2名、子供3名が利用できる充分なスペースが確保されています。仕事の合間にちょっと仮眠がとりたい等のニーズなどにも快適な空間で過ごすことができます。また、『MobiRoom』と同型のトレーラーを使った滞在型モデル「MobiHo」は現在、全国30ステーションにて稼働しており、キャンプ場や、カフェ、牧場や駅の敷地、美術館の敷地等、普段滞在ができない場所に設置し、特別な滞在体験をしてもらうことをコンセプトに展開中です。

今後はテレワーク等に必要な備品なども充実させながら、ウィズコロナ時代に必要とされる商品として『MobiRoom』がさまざななシーンや状況に応じた展開ができるよう、取り組んでいきます。

会社概要

会社名:株式会社ワンズネットワーク
サービス名:

コメント

タイトルとURLをコピーしました