和酒フェス | 厳選38蔵150種類以上の和酒

和酒 立ち向かうサービス・企業 

待ちに待ったお酒のイベントを発見!

新型コロナウイルスの影響で、外でお酒を飲む機会がめっきり減ってしまいましたが、自宅で消費するお酒の量が増えたなぁと反省する日々ですが、やっぱりおいしい食事とおいしいお酒は生きがい日常を過ごすためには欠かせないという気分でいっぱいです。
毎晩、手酌酒になりがちですが、食卓を彩るお酒くらい、ちょっと贅沢にしたいものです。

そんな中、待ちに待ったお酒のイベントを発見!
和酒フェス実行委員会は、『第15&16回 和酒フェス @ 東京都庁前』を東京都庁の目の前にある新宿NSビル・オープンプラザ(正面広場、東京都新宿区)で、東京オリンピック2020開会予定日だった7月24日(金)と25日(土)に開催するようです。

和酒フェス

今回は、 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で春の和酒フェス延期により、春夏の合同開催になります。今回のスローガンは「コロナ疲れを和酒で癒(いや)す!」、テーマは「夏酒、スパークリング、生酒、プレミアム酒を楽しもう!」です。日本ではコロナ対策と社会経済活動の両立を目指し、新しい日常を徐々に取り戻そうとしていますが、全国の酒蔵と飲食店は苦境に立たされています。そこで、全国から選りすぐりの38蔵150種類以上の和酒と日本酒ビギナー・ファンと出演者が集まり酒蔵と飲食店を応援するとともに、感染防止に尽力した全ての皆様に感謝しつつ、国内と世界の疫病退散を願い乾杯します。

チケットのお求めはPassMarket、Peatixにて!

PassMarket(パスマーケット)

Peatix(ピーティックス)

出展蔵

夏酒とスパークリングにふさわしい『SWEET HEART』『菊泉』『富士錦』『桂月』『梅乃宿』『花雪』などのお酒、国内外の鑑評会で受賞歴をもつ『陸奥八仙』『水芭蕉』『不動』『龍力』『千代の園』『七冠馬』などのお酒、生酒とプレミアム酒を存分に味わうことができます。

新商品では『チロルチョコに合う酒』等のお菓子の居酒屋シリーズの生酒、無ろ過酒、にごり酒、原酒、梅酒なども登場し、2時間15分利き酒し放題です。和酒、酒器、グッズの販売もあり、ご自宅にお土産として持ち帰りいただけます。

フードブースでは、地方の特産品や人気飲食店の食事(キャッシュオン)が味わえます。

【和酒フェス参加予定酒蔵・銘柄】(全国より厳選38蔵) (予定)

酒蔵ブース(31蔵)
【陸奥八仙(むつはっせん)】八戸酒造・青森県
【六歌仙(ろっかせん)】六歌仙・山形県
【米鶴(よねつる)】米鶴酒造・山形県 ★
【夢心(ゆめごころ)】夢心酒造・福島県 ★
【郷の譽(さとのほまれ)】須藤本家・茨城県
【花の井(はなのい)】西岡本店・茨城県
【徳正宗(とくまさむね)】萩原酒造・茨城県 ★
【水芭蕉(みずばしょう)】永井酒造・群馬県
【菊泉(きくいずみ)】滝澤酒造・埼玉県
【不動(ふどう)】鍋店・千葉県◆
【箱根山(はこねやま)】井上酒造・神奈川県
【HINEMOS(ひねもす)】 RiceWine・神奈川県
【君の井(きみのい)】君の井酒造・新潟県
【武の井(たけのい)】武の井酒造・山梨県 ★
【白川郷(しらかわごう)】三輪酒造・岐阜県◇
【一滴千山(いってきせんざん)】武内酒造・岐阜県
【白真弓(しらまゆみ)】蒲酒造場・岐阜県 ★
【富士錦(ふじにしき)】富士錦酒造・静岡県 ★
【四海王(しかいおう)】福井酒造・愛知県
【鉾杉(ほこすぎ)】河武醸造・三重県
【玉乃光(たまのひかり)】玉乃光酒造・京都府
【大門(だいもん)】大門酒造・大阪府 ★
【龍力(たつりき)】本田商店・兵庫県
【梅乃宿(うめのやど)】梅乃宿酒造・奈良県
【千代むすび(ちよむすび)】千代むすび酒造・鳥取県 ★
【七冠馬(ななかんば)】簸上清酒・島根県
【神雷(しんらい)】三輪酒造・広島県 ★
【桂月(けいげつ)】土佐酒造・高知県
【光武(みつたけ)】光武酒造場・佐賀県
【千代の園(ちよのその)】千代の園酒造・熊本県
【花雪(はなゆき)】河津酒造・熊本県

団体ブース(1ブース)
お菓子の居酒屋シリーズ(7蔵)
【春鶯囀(しゅんのうてん)】萬屋醸造店・山梨県★
【近江ねこ正宗(おうみねこまさむね)】近江酒造・滋賀県★
【八鶴(はちつる)】八戸酒類・青森県★
【窓乃梅(まどのうめ)】窓乃梅酒造・佐賀県★
【銀嶺月山(ぎんれいがっさん)】月山酒造・山形県
【磯乃沢(いそのさわ)】いそのさわ・福岡県★
【信州舞姫(しんしゅまいひめ)】舞姫酒造・長野県

★ 初の出展蔵
◆初日(24日)のみ出展
◇2日目(25日)のみ出展
※【銘柄名(めいがらめい)】酒蔵名、所在都道府県の順
※参加酒蔵は変更になる場合がございます。

和の音を聴きながら利き酒を

司会は初日はあおい有紀さん、2日目は島田律子さんです。会場ステージでは初日はピアニストの高木里代子さん、2日目は津軽三味線奏者、作曲家の雅勝さんと和太鼓奏者の千代園 剛さんが躍動感あふれる生演奏を披露し、2020年ミス日本酒(7月6日の最終選考会で決定)が着物姿で華やかに登場します。

「いいね!日本酒~はじめての美味しい1杯~」著者の上杉孝久先生のセミナー、司会とミス日本酒による「コロナに負けるな!日本酒と健康セミナー」を開催し、ご来場者様に日本酒文化の知識を深めていただけます。

今回はCOVID-19感染拡大防止策として、チケット購入者は「ガイドライン」に同意していただきます。更に、政府・接触通知アプリ導入を推奨します。暑い夏には浴衣を着て、会場で納涼しながら、全国の美味しいお酒をお楽しみください。

チケットのお求めはPassMarket、Peatixにて!

PassMarket(パスマーケット)

Peatix(ピーティックス)

第15&16回 和酒フェス @ 東京都庁前 開催概要

日時:2020年7月24日(金)、25日(土)
第1部(試飲会) 12:00~14:15(2H15M)
第2部(試飲会) 15:00~17:15(2H15M) ※各部入替え制
定員:各部 400名(予定)
場所:新宿NSビル正面広場 (東京都新宿区西新宿2丁目4番1号)

新宿NSビルのアクセスは、都営大江戸線・都庁前駅から徒歩約3分、都営新宿線・新宿駅から徒歩約6分、JR・京王線・小田急線・丸の内線の新宿駅(南口・西口)から徒歩約7分です。

料金:3,000円(前売り制、税別) / 当日券は未定
公式サイト、PassMarket、Peatixにてチケット販売
※ お料理は別料金となります。
主催:和酒フェス実行委員会 後援:観光庁、国税庁(予定)
公式サイト: https://www.sakefes.com
※ イベントの詳細、変更に関するご案内は公式サイトをご参照ください。

* 和酒フェス:2015年に始まり、「季節感じて旬の和酒、食を、日本文化楽しむ利き酒祭」をテーマに、中目黒で年3回開催中です。昨春は前売チケットが早々に完売
する等、若い世代を中心に新しい日本酒ファンが集うフェスとして人気です。
* 和酒:「日本の風土と文化の中で生まれた、人と人をつなぐ伝統と革新のお酒」のことです。

【利き酒ゾーン】(定額試飲会)
「夏酒、スパークリング、生酒、プレミアム酒を楽しもう!」をテーマに、全国から厳選38蔵、150種類以上の和酒が集合して、蔵元等が来場者と交流しながら、自慢の和酒を振舞います。夏酒、スパークリング日本酒、awa酒、生酒、吟醸酒に梅酒とバラエティー豊かな和酒を2時間15分利き酒し放題で楽しめます。

和酒

【フードゾーン・即売コーナー】(入場無料)
郷土料理のお店、人気店が出展し、和酒に合うおつまみを、当日キャッシュオンでご飲食いただけます。お食事、季節のメニューも充実しています。試飲した和酒の一部や、酒器や、お猪口ホルダー等の販売コーナーもあります。
【ステージゾーン・イベントコンテンツ】(観覧無料)
初日は和酒コーディネーター・酒サムライのあおい有紀さん、2日目は日本酒スタイリストの島田律子さんがMCを担当します。ステージでは日本酒文化を音楽とともに伝えるために、初日は、会場ステージでは初日はピアニストの高木里代子さん、2日目は津軽三味線奏者・作曲家の雅勝さんと和太鼓奏者の千代園剛さんが生演奏で会場を盛り上げます。また2020年ミス日本酒(7月6日に最終選考会で決定)が登場して、会場に華を咲かせます。更に、「いいね!日本酒~はじめての美味しい1杯」著者の上杉孝久先生のセミナーと「コロナに負けるな!日本酒と健康セミナー」を開催し、ご来場者様に日本酒文化の知識を深めていただけます。

和酒フェスイベント

チケットのお求めはPassMarket、Peatixにて!

PassMarket(パスマーケット)

Peatix(ピーティックス)

主催元

主催:和酒フェス実行委員会 (シーエムワン株式会社)
イベント名:第15&16回 和酒フェス

コメント

タイトルとURLをコピーしました