夜景観光士検定

東京夜景 立ち向かうサービス・企業 

日本の夜景をもう一度見に行こう

新型コロナウイルスの影響で苦境に立たされている観光業界ですが、今度は西日本を中心に暴雨による災害被害にあっています。こういう時こそ、支え合いの気持ちをもって積極的に各地に足を運びたいものです。そのためにも、少しでも新型コロナの終息を願うばかりです。
そんな思いを持って日本中を見回してみると、やはりいたるところに魅力を再発見。中でも注目すべきなのは、日本の夜景のすばらしさ。写真からでもその魅力は十分に伝わりますが、本音としては、実際見に行きたいですね。

函館夜景

近い将来、もう一度全国の夜景スポットを行くことを夢見て、いろいろと調べてみてたところ、面白い検定を発見!
(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー(代表理事/丸々もとお)では、第2回「夜景観光士検定」を開催。試験日は2020年12月5日(土)、6日(日)。受験に関するお申込みは、2020年8月31日(月)より開始するようです。

これは、今から勉強して「夜景」のプロとして現地に足を運びたいです!

兼六園夜景

夜景鑑賞士検定とは

「夜景鑑賞士検定」を 11 年 、「イルミネーション検定」を5年にわたり実施してきましたが、昨今の夜景観光を取り巻く環境の変化に伴い、ふたつの検定を統合。昨年「夜景観光士検定」を創設し、第一回試験を実施。多くの皆様に受験いただきました。本年も「夜景観光」としての観光的見地を取り入れながら、地域ビジネス・就職活動・学業・趣味は勿論、夜景観光のプロフェッショナルを目指す方々を対象に検定資格として実施します。
2020年は新型コロナ感染症の影響で観光業界が世界規模での大打撃を受けています。しかしその一方で、日本の魅力を日本人が再びリスペクトしようとするムーブメントが起こっています。インバウンドに頼っていた日本の観光地が、“日本人にこそ訪れて欲しい観光地”に転換するなか、本検定は未来の観光人材育成を通して観光復興の一助を担うことを使命に、実施を決定しました。

本検定の合格者にはLEDイルミネーション商品の特別割引購入が可能となるほか、年に一度開催される夜景ブランド「イルミネーションアワード」への投票権も与えられます。観光分野のリーダーもちろん、観光事業者、観光関連企業への就職を目指す学生さんなど、皆様のご応募お待ちしています。

夜景観光士検定概要

■試験日程(2級・3級)
12月5日(土)、12月6日(日)

■申込期間
~2020年11月29日(日)夜景検定公式HP
~2020年11月20日(金)ゆうちょ銀行振替・チケットぴあ

■受験資格
年齢、経験等の制限はありません。

■問題形式
WEB受験スタイルによる択一式100問を出題。正解率80%程度で合格。

■出題範囲
「日本夜景遺産」公式HPに掲載されている全認定地の情報と、電子書籍「夜景観光士検定公式テキスト」から100%出題されます。
詳細は夜景観光士検定公式WEBサイトをご覧ください。

■認定級
3級:夜景観光について理解できる初級レベル。
2級:夜景観光に関する知識が仕事の上で役立つ中級レベル。

■受験料
3級:5,500円(税込)
2級:6,600円(税込)
併願:11,000円(税込) ※併願は1,100円お得!

夜景観光士検定公式はこちら

運営会社

会社名:一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューロー
検定名:夜景観光士検定

コメント

タイトルとURLをコピーしました